エクシオ

婚活に精を出しているおかげか、
このところ人見知りが直りつつある27歳まなです。

 

9年連続婚活パーティ総参加人数業界NO1!のエクシオが主催する
BigPartyなるものがあるらしいと婚活中の私は耳にしました。

レギュラーパーティが20~30名程度だとするならば、
BigPartyは多い時で100対100にもなるとのこと!

100人もいれば1人や2人いやいや5人くらいは
いいなと思える人がいるでしょ~

しかも場所は門司港ホテルという
門司港レトロのランドマーク的な格調高いホテルです。

これは行ってみるしかないね~ということで友達と二人、
海(関門海峡)を渡り初の県外遠征となりました。

エクシオ主催のbigParty

1

この日は夕方17時からのスタート。

段々夕暮れも近づき、
門司港レトロはロマンチックな雰囲気が漂っています。

HPで確認すると、
100対100の予定で参加枠残りわずかとなっていました。

この会場に出会いたい男女が約200人もいるのね~と
自分を棚に上げて感慨にふけるのも一瞬のこと、
最後の身だしなみチェック!とトイレに駆け込むアラサー2人。

そこにはいるわいるわ若い女性の群れが
我先にと洗面台の前で化粧直しをしております。

中には、婚活必要!?な美人もチラホラ。

そして全体的に若い!!

20台前半~半ばで普通に彼氏がいそうな子が多く、
ドレスアップしている子もいたので

もしかして結婚式に参列する人たちじゃない?

そうよね!こんな子たちばっかりだったら勝ち目ないよね!
なんて話していました。

ところがどっこいその子たちがぞろぞろと向かうのは
パーティの受付じゃありませんか!

あんな子たちがライバル・・・

さすがBigParty・・・

普段着に毛の生えた様な格好で着てしまった自分が鏡に映り、
開始前から意気消沈

bigPartyの様子は?

それでも海を渡ったからにはと受付を済ませます。

レギュラーパーティと同様にプロフィールカードを記入します。

HPに記入例が載っていたのでご参考までに。

2

今回は大人数なのでよっぽどじゃないと覚えてもらえない!

ない知恵を絞って、なるべく印象に残るよう
プロフィールカードを書きます。

(奇を衒い過ぎたら変な子と思われるだけだし、
嘘は書けないしなかなか難しい)

パーティーのおおまかな流れがHPに載っていたのでこれまた参考に。

3

会場はだだっぴろい部屋にずらーっと机と椅子がならんであり
圧巻の光景。

受付でもらった番号の席に座りスタンバイすると
隣には先ほどトイレで一緒になったキレイ系女子が。

濃いブルーのドレスっぽいワンピースに
ふわふわ巻髪で気合入りまくりです。

もっとお洒落してくれば良かったと心底後悔しました。

 

そしていよいよ1回目のトークタイムスタート!

男性側が席を移動していくパターンは同じで、
1人につき2分と短めなので相手のプロフィールカードを見ているうちに
ベルがなったりすることも。

4

受け付けの時にこのようなチェックシートをもらうので
お相手の印象を書きとめておくのですが、
隣の席同士がものすごく近いので移動しても
斜め前に相手がいる状態で記入するわけです。

そして目の前には次の方がスタンバイしているわけです。

ちょっと×とか生理的に無理とか書けなくないですか。

結果チェックシートはほぼ白紙の状態に・・・
いいなと思った人の番号欄には○をしましたが、
人数が多すぎて後で見返してもどうして○にしたか全く思い出せないという悲劇。

 

パーティ自体も、人数が多いためか序盤から時間が押しに押してしまい、
1対1で半分の人と話し、ブレイクタイムを挟んで1対1で
残りの半分の人と話した後にほんの少しだけフリータイム、
という流れになりました。

ただ、およそ100人の初対面の人と
2分ずつ笑顔で会話するって疲弊度ハンパないっす。

後半の1対1が終わる頃には満身創痍で抜け殻状態。




 

エクシオ婚活パーティの結果は?

フリータイムになっても
自分の椅子から立ち上がれない&声もかからないという第2の悲劇

ぼーっと周りを見渡すと、
隣の席のブルーワンピ女子は男性陣に囲まれていました。

あの怒涛の1対1の後でも笑顔で会話ができるなんて、
キレイな上に人間までできてるんだね、
とただただ羨望の眼差しで眺めていましたよ。

5

いよいよ最終投票の時間です。

といっても私のチェックシートは
どれだけ眺めても○をつけた理由が思い出せない人ばかり。

手ごたえがあったという人も皆無。

とりあえず○が付いている人を
上から順番に投票カードに書くという適当さ。

だってカップルになれる自信ゼロですもん。

第6希望まで書いても絶対無理だろうなー、
と思いつつ全部埋めてやりましたよ。

 

結果は予想通りカップルにはなれず、
どのパーティでも1枚は必ずもらえていた
アプローチカードも0という散々な結果に。

総勢200名もいるのにカップルはわずか8組。

集計する側もさぞかし大変だっただろうなぁ。

「100人もいれば1人や2人いい人がいるのでは」という期待は、
ライバルも100人いるんだという
至極当たり前の現実に粉砕されしまったのでした。

 

失敗から学んだBigParty攻略のための3か条

1、格好はちょっとおめかしし過ぎかな?気合入り過ぎ?な位着飾るべし

目立ってなんぼ!印象に残らなければお話になりません。

(現にブルーワンピの子は会場でも目立っていたし、
アプローチカードも束でもらっていましたよ~)

2、チェックシートは最大限活用して、自分なりの記号を考えておくべし

(○×△ではなくK→容姿が好き Y→優しそう
O→面白い等 時間短縮&万が一見られてもOKなものが良い)

3、フリータイムもガンガン動いて、気になる人にはプロフィールカードを渡すべし

友達は気になる人に連絡先を書いたアプローチカードを渡しておいたら
後日連絡がきたそうです。

 

大勢男性(しかも出会いを求めた)が集まっていることは紛れも無い事実。

せっかく同じ時に同じ場所に集ったのですから
目一杯縁を繋いでおいて損は無いです。

以上、後悔と失敗しかなかったBigParty体験でした。

次は頑張るぞ!

→ お見合いパーティーといえば