1

前の彼氏と別れて早数年・・・

恋愛ってどうやって始めるんだったけ?と
現在恋愛リハビリ真っ最中の27歳まなです。

 

婚活パーティや合コン、街コンと出会う男性は少なくないのですが、
「付き合う」人をどうやって決めればいいのか
分からないことが多々あります。
(上から目線なのは置いといて)

明確な判断基準があれば悩まなくて済むのですが、
譲れない条件は個々で違うもの。

そこで今回はこれだけは避けた方がいいパターンと
自分だけの条件を探っていく方法を考察していきたいと思います。

こんな男性はやめとこう

容姿が生理的に受け付けられない人

婚活市場では年収や職業に目がいきがちですが、
付き合って結婚するということは当たり前ですが
キスや子供を作る行為もすることが大前提です。

いくらその他のスペックが高くても
ずっと一緒に生活していくことを考えると
最低限の清潔感や好みは必要

 

電車や人混みで「この人とならキスできるな」と想像する癖をつけておくと
自分の好みと許容範囲がはっきりし、
初対面でありなしの判断がつきやすくなります。

条件だけの質問をしてくる人

家事はできるか、収入はどれくらいか、実家暮らしかなど、
直接的に聞いてくる人は条件だけで見ている可能性大。

婚活で出会ったとはいえ恋愛をすっとばして
条件だけで結婚はできないもの。

恋愛相手としてきちんと自分自身を見てくれる人を選びましょう

 

逆に言えば、自分が質問する時も直接的に聞くことは
避けた方がいいです。

男性側もスペックにしか興味がないなと感じると
げんなりするはずですからね。

例えば職業を知りたい時には、休日がカレンダー通りなのか、
G.Wやお盆休みはどう過ごしているか(長期休みが取れる環境なのか)を
尋ねることで職場がホワイトカラーかどうかを推し量ることが出来ます。

容姿もスペックも高レベルで社交的なのにずっと独身

容姿が良くても職業が安定していない、
年収は高いけど容姿が残念、という男性はわりに見かけますが、
どちらも揃っているのに独身のまま・・・
となるとどこか問題があると疑った方がいいです。

結婚する気はなくても、
婚活市場をよい遊び場としてヤリ捨てする男性も現実にいます。

そういう男性にひっかかって
貴重な時間を無駄にすることだけは避けたいもの。

耳ざわりの良い言葉を選んで話し、会話も上手、
エスコートもスマートな男性は女性慣れしているはずです。

なのに結婚できていない(していない)ということは、
一回ベッドを共にしたら音信不通になったり、
付き合った途端に豹変したり、超ド級のマザコン男だった、
なんて結末が待っているかもしれません。

 

ただし、研究職や男性ばかりの閉鎖的な職場で、
本人も女慣れしていないため出会いに恵まれなかったという
優良物件がぽろりとでてくることもあるそうなので、
そういう人に出会えたらラッキー!

ガンガン攻めてみましょうね。

自分の譲れないポイント・妥協できるポイントを書き出そう

2

女性側の「容姿も年収もそこそこで家事分担もしてくれて
気遣いもできる男性がいない!」という愚痴に
「そういう方はもう道でベビーカー押してますからね」
と返した婚活コンサルタントの方のお話が物語っているように、
すべてのレベルが平均以上の人というのは悲しいかなとっくに売れています

存在はしているかもしれませんがツチノコくらい幻だと心して下さい。

 

そして婚活を始めて思うのは、たくさんの人と会話をし、
デートをしてみても自分の基準が確立していない内は
徒労に終わる事が多いということです。

誘ってもらったのでデートの約束をしてみたものの
前日くらいから憂鬱になり、
それでもと出かけてみると大して楽しめず疲れただけ、
という経験を何度もしました。

買いたい物が分からないまま買い物に出掛けても、
ウロウロしただけで結局何も買わずに帰るのと同じで、
「こんな形のニットが欲しい!」と決めておかないと
ウィンドウショッピングになるだけです。

 

まずは自分がどんな人を探しているのかを整理することから始めましょう。

譲れない所、絶対NGな所を具体的に書き出していきます。

思いつくままに書き出し、また思いついたときに
書き足していけるよう携帯電話のメモ機能に
書き留めておくことをオススメします。

譲れないorNGな所を書き出した後は、
妥協できるとしたらどこかを考えましょう。

年収500万以上は絶対必要だけど、
多少髪が薄くても体型がだらしなくてもOKだな、
とか喫煙・ギャンブルは絶対NGだけど
年収や容姿はそこまで気にしないなど。

 

色々なシチュエーションのデートを想像したり、
街ゆくカップルの言動を観察して自分に置き換えてみると
また具体的なポイントが浮かんできますよ~。

また、自分の性格形成に大きく影響している
両親・兄弟の長所や短所も重要です。

(私の場合、父・兄ともに温厚なため、
至近距離での大声や喧嘩腰で会話する人は怖くて無理)

書き出したり、想像してみることで自分の
「理想~結婚してもいい」範囲の人がはっきりしてきます

それを頭に入れて婚活に励むと、早い段階でアリナシが判断でき、
絶対先はない人と無用な時間を過ごさずに済むはず。

回り道して運命の人をたどり着くのは
まだ時間のたくさん残っている若い女子の特権。

アラサー、アラフォーは上手にショートカットしつつこの人だ!
と思える人を探し出しましょうね。

 

NGが多すぎて妥協点が見出せない所に問題がありそう・・・
なのは薄々気付いていながら
今日もこういう人がいいなーと妄想を膨らませているまななのでした