1

独身時代に一度だけ行ってみました。

国内最大手の婚活パーティー

わたしが参加したのは「エクシオ」のパーティー。

全国に何カ所もパーティー会場があり、その内容も多彩です。

わたしはスタンダードな男女15人ずつくらいのパーティーに行きましたが、他にも婚活バスツアー、婚活クッキングなど様々な出会いの場を提供されています。(いずれも予約制)

年齢層に合わせて20代限定のパーティーから60代・70代中心のパーティーもあるとのこと!

どんなパーティーに参加する?

まずは予約

わたしが参加したのは、男性は「大卒以上年収600万以上」女性は「短大卒程度以上」が参加条件の「executiveパーティー」というものでした。

当時勤めていた職場に置いてあったクーポン雑誌の広告を見てパーティーのことを知り、予約しました。

他には「20代限定」のパーティーも併記。

当時はわたしも20代だったので参加資格はありました。

ですが、本当に結婚するなら先立つ物も必要……などと考えたわたしは迷わずexecutiveパーティーを選びました。

現金ですね。

 

一人で行くのは心細いので、友達をひとり誘うことに。

ちなみに、広告だけで決めたので後で知りましたが、ネットで予約すると少しお得になるようです。

いよいよパーティー当日

本人確認の公的書類とボールペンをお忘れなく

受付で本人確認を行います。

パスポートや免許証等の公的書類を受付で提示します。

確認が済めば次にプロフィールカードと名札代わりの番号札を渡されます。

 

パーティー中は番号で呼ばれます。

見えやすい位置に付けましょう。

気に入ってくれた人、もしくは自分が気に入った人がいても、手がかりは番号だけです。

 

そして、プロフィールカードを記入していきます。

あらかじめ当日はボールペンを持参するように案内されるのですが、もしも忘れてしまったらエクシオ印ボールペンを50円で買い取りになります。

結構目立つので、気にする方はよそでは使えないかも……わたしは無理です。

 

このプロフィールカードはパーティーで参加者との一対一でのトークタイムで使います。

アピールポイントのひとつになるので、書けることはしっかり書く方が、お相手も会話の糸口が掴みやすいですよ!

パーティーのはじまりはじまり

2

会場はこんな雰囲気 https://www.exeo-japan.co.jp/beginner/

異性の参加者全員とお話し

司会の進行で進みます。

早速一対一のトークタイム。

着席し、異性の参加者全員とお話しします。

一人当たり約三分

男性が席を順番に時巡っていくスタイルです。

受付で書いたプロフィールカードの出番です。

 

参加者の年齢層はやや高め。

たまに若い方もいるけれど、大半はアラフォーと呼ばれる年齢の方でした。

20代後半でしたが、もう少し年の近い年上がよかったので、ちょっとアテがはずれた感が否めません。

よく考えれば、年収の多い人の集まりなのだからある意味当然とも言えるのですが。

ちなみに、最近は20代限定のexecutiveパーティーもあるそうです。

そっちに行きたかった!

短時間で大勢と話すのは結構大変

誰が誰だか……

15人ほど、とは言え結構な人数です。

メモを取りながらお話するのにも限界があります。

数字だと余計に混乱します。

後のアプローチタイムで気に入った方の番号を書くのですが、思っていた方と違った……なんて失敗もしました。

 

こんなに大勢いると自然と会話が弾む方がいる反面、当然全く会話が成立しない方もいます。

中には小馬鹿にするような失礼な輩もたまにいました。

けれど、気にすることはありません。

弾まないのは相性もあるので仕方ありませんが、小馬鹿にするのはつまりどこかを勝手に見下しているということ。

もしくはよほど性格が歪んでいるかでしょう。

幸せな人、満ち足りた人は意地悪しません。

ですから、そんな失礼なやつをわざわざ相手にしないでOK。

付き合う必要ありませんから。

寧ろ、勝手に遠ざかってくれるのですからラッキーです。

もし、こんな人に出会っても、こんなところで心を折らないでくださいね

最終投票!カップル誕生

誰か選んでくれる?カップル成立!

アプローチタイム、フリータイムでは、もっとお話したいと思った方と自由に交流する時間です。

わたしは残念ながら特にいいと思う人がいなかったので壁の花に徹していましたが、一緒に参加した友人は異性の参加者に声をかけられていました。

他にも会場内を見渡せば、そこそこ盛況の様子。

微笑ましいほど照れながら話すカップル直前の方もいました。

 

フリータイム後は最終投票です。

お互いに番号を書いた参加者がいればカップル成立します。

わたしは誰の番号も書きませんでしたが、第六候補まで書けます。

六番目の人と成立してもあまり嬉しくない気もしますが……。

 

その日はなんと三組もカップルが誕生していました。

パーティーはお開きに。帰ろうとしていたら……

家に帰るまでが遠足です?!

同じくカップル成立しなかった友人とさっさと会場を出て、駅まで歩いていると後ろから声をかけてくる人がいました。

何事かと思ったら、先ほどのパーティーの参加者の方。

話を聞くと、わたしと連絡先を交換して欲しいとのこと。

わざわざ追いかけて来てくださったようです。

交換して帰ろうとすると、また別の参加者の方にも連絡先の交換を頼まれました。

たとえパーティーで成立しなくても、こんなこともあるんですね

気を抜けません。

 

お二人ともあまりに年上すぎたので、その方々とはお付き合いには至りませんでしたが、パーティーは楽しかったです。

普段の生活だけでは出会わなかったような方も多かったですし、一度にこんなに大勢とお話する機会もそうありません。

 

けれど、中にはパーティーを悪用する人もいるようです。

本当に結婚する気のある人なのかをきちんと見極めないと損をします

人を見る目はどんな場面でも必要です。

常に養っておきたいですね。