みなさん、仮面パーティってご存知ですか?

仮面パーティといえば、こ~んな仮面をつけてパーティに参加するってイメージですよね。

1

そう、まさしくこんな感じのパーティに参加してきました!!

そこでの体験談をお話します。

 

まず、私は26歳事務職。

ある日友達から、地元の街コン運営局がいつもの街コンではなく、面白そうなイベントやってるよ!と誘われ、参加することに。

 

このころ、実は彼氏がいたのですが、お互い合コンとかは公認のカップルだったため、一応このパーティに参加することもちゃーんと一言言ってから行ってきました。

嫉妬とかしないわけではないんですが、結婚してるわけじゃないし自由なほうがお互いラクでしょって理由でこんなスタンスでお付き合いしてるんですが、周りには「絶対おかしい!合コンOKなのは絶対おかしい!!!」って言われます。笑

 

まぁ、彼氏の話はここではおいといて、仮面パーティのお話に戻ります。

受付へ行くと、受付の人は素顔。

受付台には数種類の仮面がズラリ。

田舎なので、知り合いがいたら恥ずかしい・・・と全員が同じことを思っていたのでそそくさと受付をすまし、早急にトイレ行って仮面つけました。笑

いざ、パーティ会場へ!

会場へ入ると、中はうすぐらーい会場で、明かりは最小限の会場のライトと、あとはたくさんのろうそくが灯されていました。

 

フードは立食形式

一か所に一口サイズのサラダや春巻きやお肉やらが並んでいて、みんなそこに集まってフードをとっている。

近くにはお酒を頼めるバーカウンターがありました。

 

中はみんな仮面をつけているのでなんだか異様な雰囲気で、仮面をつけていても最初は話しかけるのとか恥ずかしい感じがしました。

ささっとフードをとって、ある程度のところまで楽しめたら帰ろう、と友達とひそひそ話していたら、近くにいた男性6人組くらいに話しかけられ、近くのテーブルで輪になって話してました

その6人組は会社の同僚ときていて、下は23歳から上は35歳まで、いい感じの年齢層がずらりとそろっていました。

 

この仮面パーティ、会場内には「秘密の小部屋」と呼ばれる部屋があって、そこに入るとお互い素顔を見せてもいい、というスペースが設けられていました。

じゃんけんでペアを組み、私たち三人とペアの男性計6人で秘密の小部屋に向かってみました。

すると、すでに何組か入っていて、素顔でお話している人がいました。

でも、このシステム、他の人の素顔も見れちゃうんだ・・・笑

内心「意味あるの?」と思いつつ、限られたスペースに腰かけしばし歓談。

すると、ある一組のペアが入ってきて仮面を外したのですが、なんと!!・・・知り合いでした。笑

ものすごく気まずかったためそそくさと秘密の小部屋をあとにしました。。

 

そして残っていた男性3人のもとへ帰り、ビンゴゲームが始まりました。

他に来ていた男性からも話しかけられたりしましたが、やはり一番最初に話していた人たちの方が面白かったため常に近くを陣取ってましたね。笑

 

ビンゴゲームが終わり、仮面パーティっぽく社交ダンスのステージなんかもあって、パーティはお開き。

会場へ出て椅子に腰かけていると、さっきの6人組がやってきました。

その中の一人にどうやら気に入られていた私。

「次、みんなで行こうよ!」と誘ってくれました

ちょうどよく友達は一番年下の男の子を気に入っていたので、仮面パーティのあともみんなで飲みに行くことに。

仮面を脱いで二次会へ!

二件目は男性陣おすすめのお魚がおいしいという居酒屋へ。

みんなでわいわい飲んで話して、とても初対面とは思えないぐらい時間も忘れて楽しんじゃってましたww

楽しい時間はすぐに過ぎて、時間はすでに午前2時前。

いい時間だったため解散することに。

私たち3人は家が近く、3人で車で来ていたため、「送るよ」と言われましたが「代行呼ぶからいいよ」と断りました。

・・・が、ここでひかないのが肉食世代30代!!!

私を気に入ってくれていた人(仮に田中とします。笑)が送るよ、次2人で行こうよ、むしろホテル行こうよ!とうるさいので、送ってもらうことに。

もちろん友達も一緒に。

4人で歩いてたのですが、やたら近い!!っていうかもはや手とかつないでくる!!!

やめろやめろとかわいげもなく言っていましたが、30代って強気で言われることが好きなんですかね、さらにヒートアップしてました。笑

無事、車まで送ってもらい解散。

仮面のあとの後日談

出会った日から、田中からは毎日のようにラインがきてました。

私自身、正直彼氏がいなかったらすっごくタイプで、年上だし面白いし、うれしかったのですがやっぱり今の人が好きだしな~と会おうか悩んでいました。

ラインでご飯行こうとしつこいので、「実は彼氏いるんだ」と伝えると、なんて返ってきたと思います??

 

「え、俺も彼女いるよ!じゃあお互い、二番目ってことで楽しくやろうよ!笑」

 

・・・って。

ええええぇぇぇええぇぇwwwwみたいな。

ほんと、男の人って怖い。

二番目同志割り切るとか、ご飯ぐらいは行けたとしてもそんなこと私には到底無理なので断り続けました。

が、こんなことではひかないのが肉食世代30代。笑

ライン自体も面白いし何より私自身、ちょっとご飯行きたいって気持ちがあったので、お互いいろいろわかりきった状態でご飯だけ行くことに。笑

割り切った関係・・・?

ご飯へ行くと、みんなで飲んでいた時の雰囲気とは打って変わってやはり30代だからか少し落ち着いた雰囲気がありました。

私が先も見ず注文し続けているのをとても楽しそうに見守ってくれてて、なんだか大人の男性っていいな~とか少し思っちゃったり。

お酒も進み、もう彼氏いることも知ってるしなんでもいいやと思って、「実は彼氏いなかったらめっちゃタイプ」って話をぶっちゃけました。笑

相手も結構押しが強かったので言えただけですが。

すると、田中も「俺もめっちゃお前の顔タイプ。」

いや、顔かよ!!!って思いましたが、顔褒められていやな気はしないので、単純にうれしかったですね。

 

ですが、それを本気でとらえてはいけません!

私には彼氏がいるし、相手にも彼女がいる。

相手だけの浮気はどうでもいいですが自分が浮気することはどうしてもいやだったため、その日も帰りにホテル行っちゃおうと誘われましたが、めちゃくちゃ頑張って振り切りました!!!

結論、男は最初から信用しちゃだめ!!

まぁ、彼氏いること黙ってた私が言うのもなんですが、男の人って基本自分に都合よく言うような気がします。

その場でホテル行けるなら可愛いも言うし今まで出会った中で・・・とかも言っちゃうし。

なんとしてでもホテル行っちゃいたい人ってそういう傾向があります。

もちろん、そうでない人であれば最初から信じてあげたい気持ちはやまやまですが、リスクを考えると信じ切らないほうが自分の気持ち的にもラクですよね。

 

「私のことめっちゃ好いてくれてるじゃん」と、うぬぼれていてはいけません。

彼女がいたって奥さんがいたって、甘い言葉をかけてくる男の人はたくさんいます。

このことを肝に銘じて、楽しく婚活していきましょうね。笑

 

人を信じることと、男の人を信じることって、なんか意味合いがちょっと違うような気がしますね。